【ウマ娘/攻略】サポート効果まとめ!サポート編成におすすめの効果は?

みなさん、こんにちは!

今回は、サポート編成に設定されているサポート効果について紹介します!

サポートカードは、所持スキルやイベント効果に目がいきがちですが、サポート効果も大切な育成要素です。サポート効果について知っておいて損はありません!

サポート効果を確認しながら、どのサポートが育成に最適か確認していきましょう!

※URAファイナルズの育成記事を投稿しています!あわせてご覧ください!↓

URAファイナルズ育成記事【ウマ娘】




サポート効果についての前知識

今回紹介するサポート効果とは、サポートカード詳細に記載されている「友情ボーナス」といった効果のことです。

サポートカードごとに設定されている効果があり、その組み合わせはサポートによって様々です。

育成の効率が良くなる効果ばかりですが、組み合わせ次第ではさらに優秀なサポート効果にもなるので、確認するようにしましょう!

↑この画面で表示されるのがサポート効果です。

サポート効果はレベルアップで追加される

サポート効果は、サポートカードがレベル1の段階でも所持していますが、レベルを上げることでさらに追加されていきます。

レアリティごとに追加されるレベルはことなります。(以下の表)

Rは、無凸のLv5と限凸のLv40で追加されます。

SRは、無凸のLv5とLv10、1凸のLv30、完凸のLv45でスキルが追加されます。

SSRは、無凸のLv5とLv10、1凸のLv30、完凸のLv45でスキルが追加されます。

凸数 R SR SSR
無凸 Lv5 Lv5 Lv15
Lv10
1凸 Lv30 Lv35
完凸 Lv40 Lv45 Lv45

お金やサポートptが足りない間は、SRはLv10、SSRはLv15で一旦止めよう!という方針があるのは、サポート効果の追加があるからというのが要因でしょうね!

↑未開放のスキルは錠前のアイコンが表示されています。

サポート効果はレベルアップで上昇する

サポート効果は、サポートカードのレベルを上げるほど強くなっていきます。

完凸に近づくほどその効果は強化されていくため、使いやすいサポートカードがあればどんどん強化していきましょう!

↑レベルを上げるとサポート効果も上がります。ただ、サポートptもマニーも大量に使う…

レアリティが高いとサポート効果は強い?

レアリティが高いからといって、サポート効果が高くなるわけではありません。

たとえば、賢さサポート「SSRエアシャカール[7センチの先へ]」は、Lv30時点(無凸)で初期絆ゲージアップが20です。

同じく賢さサポートの「SRアグネスタキオン[生体Aに関する実験的研究]」も、Lv25時点(無凸)で初期ゲージが20あります。

レアリティが低くても、サポート効果という面ではSSRと遜色のない強さを持ちます。

SRにいたってはSSRよりも凸しやすいため、サポート効果はSSRよりも強くなりやすいです。

SRばっかり集まっている…という場合でも、しっかり使えるのは嬉しい仕様ですね!

↑SRでもSSRよりも優秀なサポート効果を持っていたりします。凸りやすいので数値も高い。

所持しているサポート効果の個数はばらばら

サポート効果の所持数はサポートカードによってばらつきがあります。

たとえば「SSRライスシャワー[『幸せ』が舞う時]」は、Lv45で9個のサポート効果を持ちます。

一方で、同じく配布サポートの「SSRメジロマックイーン[『エース』として]」は、Lv45で7個のサポート効果しかありません。

ただ、サポート効果の種類や数値に違いがあるため、個数が多いから強い!という風には考えることはできません。種類などで使い所も変わってくるので、どのサポートカードも「持っておけば何かの機会で使うだろうな」という感じです!

サポート効果の他に固有ボーナスもある

今回の記事では触れませんが、固有ボーナスという効果もあります。

こちらはサポート効果とは異なり、レベルアップで強くならず、特定のレベルに到達すると解放される効果です。

効果そのものは、サポート効果を2種類組み合わせたものが基本となっていて、固有ボーナス特有の効果は見受けられません。




サポート効果について

ここからサポート効果についてまとめていきます!

どのような効果があるか確認していきましょう。

友情ボーナス

友情トレーニング発生による効果アップ。

友情トレーニングした時に、効果が強くなります。

後述する初期絆ゲージアップをあわせ持つサポートカードであれば、友情トレーニングを発生しやすくなります。

やる気効果アップ

一緒にトレーニングをしたときのやる気による効果アップ。

やる気が良いときにトレーニングすると、トレーニングによる上昇量が増えます。

この効果を持つサポートを組むときは、絶好調を維持してトレーニングできるようにしておきたいですね。

トレーニング効果アップ

一緒にトレーニングしたときの効果アップ。

説明文ままの効果ですね!

どのトレーニングでも効果が発揮されると思われますが、汎用的な効果ゆえに数値は5%など低めに設定されています。

初期パラメータアップ系

育成開始時の初期○○がアップ。

育成開始時にスピードなどのパラメータがアップする効果です。

スピード、スタミナ、パワー、根性、賢さの全5種類で、現在はいずれかひとつのパラメータだけが上がる効果しかありません。

序盤のレースでも勝ちやすくなるので、育成のスタートがスムーズになる効果ですね!

初期絆ゲージアップ

育成開始時の初期絆ゲージがアップ。

初期絆ゲージが最初から少し増加している効果です。

この効果のおかげで友情トレーニングの発生がとてもスムーズになります!

場合によってはデビュー戦前に友情トレーニングを発生させることも可能です。

スキルptボーナス

一緒にトレーニングをするとスキルptの上昇量がアップ。

スキル効果ままですね!

先述のトレーニング効果アップとあわせれば、トレーニング効率が良くなりますね。




レースボーナス

レースに出走した結果で得られるステータスの上昇量がアップ。

積極的にレースに出走させる場合、こちらの効果を持つサポートがいると効率的です。

ファン数ボーナス

レースに出走した結果で得られるファンの上昇量がアップ。

ファン数によって目標レースに参加できない場合があるので、ファン数は出来るだけ多い方が良いです。

こちらもあれば嬉しい効果ですね!

ヒントLvアップ

ヒントイベントで得られるヒントLvがアップ。

こちらの効果があれば、スキルヒントをもらった後、スキルptの消費を抑えられるようになります。

その分、最終的に習得できるスキルが増える可能性があるので、優秀な効果です。

ヒント発生率アップ

ヒントイベントが発生する確率がアップ。

ヒントイベントはスキルのヒントがもらえる他、絆ゲージも上がります。また、パラメータが上昇する場合もあるので、こちらも育成に役立つ効果です。

得意率アップ

得意トレーニングに配置される確率がアップ。

友情トレーニングの効果は絶大です。ただ、そこにサポートが配置されなければその効果を活かせません。

そのため、得意率アップがあれば友情トレーニングの発生を安定させることができます。

○○ボーナス

一緒にトレーニングをするとパラメータの上昇量がアップ。

こちらは特定のパラメータ1つの上昇量がアップする効果です。

イベント回復量アップ

このサポートカードのイベントによる回復量がアップ。

「友人」タイプのサポートが持つ効果です。

友人タイプは回復イベントが多いので、高ければ高いほど嬉しい効果です。

イベント効果アップ

このサポートカードのイベントによる効果量がアップ。

「友人」タイプのサポートが持つ効果です。

効果量とは、パラメータ上昇のことかと思います。

失敗率ダウン

一緒にトレーニングすると失敗する確率がダウン。

失敗すると病気やパラメータ減少などにつながるので、こちらの効果は嬉しいですね!

こちらも、「友人」タイプのサポートが持つ効果です。

体力消費ダウン

一緒にトレーニングすると消費する体力量がダウン。

「友人」タイプのサポートが持つ効果です。

こちらは、休憩の回数が減る分、トレーニングを多く回せるようになります。




おすすめのサポート効果を考える!

育成してきたなかで個人的に強かったもの、効果を実感しやすかったものを紹介します。

ぜひサポート編成の参考にしてください!

サポート効果 理由
友情ボーナス 友情トレーニングをすることが多いので、こちらの値は高いほどいいです!基本的にはみんな持っている効果のようなので、数値で比べてみても良いと思います。
やる気効果アップ やる気は基本的に絶好調を維持することが多いので、こちらの効果があればトレーニングの効果アップが期待できます!
初期パラメータアップ系 最初のデビュー戦や、序盤からG1レースでも勝てるようにするために必要な効果です。
ファン数ボーナス ファン数が足りず目標レースに届かなったり…といった悲しい事故を防ぐために欲しいですね。ファン数が足りなくて目標未達成はコンティニューが出来ないのでなおさら必要かもしれません!
初期絆ゲージアップ 絆ゲージが最初から高いと友情トレーニングを発生させやすいです。友情トレーニングの効果は絶大なので、個人的には最優先したい効果です!
ヒントLvアップ&ヒント発生率アップ こちらはセットで設定されていることが多いです。ヒントLvアップでスキルptの節約、発生率アップでヒントの獲得と絆ゲージアップを狙うことができます。優秀なスキルヒントを持つサポートに欲しい効果です。
得意率アップ 同じトレーニングに集結させて同時に友情トレーニングを狙うことができます。友情トレーニングの相乗効果はすさまじいものがあるので、ぜひ狙って生きたです。

以上です!

上記のうち、個人的には初期絆ゲージアップと初期パラメータアップ系を持っているかをぱっと確認するようにしています。

どちらもあれば本当に育成で助かるスキルなので、みなさんもぜひお試しください!

終わりに

いかがでしたでしょうか。

サポート効果にも様々な種類がありますので、サポート効果を考慮しつつ編成を組み立ててみましょう。

スキルはいまいちなんだけど…というサポートもサポート効果次第で輝く場合があります!

ぜひ色々なサポートカードを試してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です