【原神】主人公は育てるべき?ガチャ産★5キャラの方が強い?




主人公を育てるメリットある?

f:id:chabunica:20201002204814p:plain

ランク27になりました!経験値稼ぎのために宝箱探しをしているのですが、取りこぼしを探すのも大変になってきて、いよいよランク上げも少し大変になってきたかなと感じています…

さて、今回は主人公は強いのか?育てるメリットある?という点について記事にしたいと思います。

ガチャをするうちに★5キャラを引いたり、他のキャラクターに愛着が湧いてしまったり、チームから外れがちな主人公ですが、育てるメリットを記載していきたいと思います。

育成させるか迷っている方はぜひご覧ください!

主人公は属性を変えられる

主人公はメインストーリーを進めることで、属性を変えられるようになります。今回の記事を書くきっかけになった、一番のメリットです。

著者はランク27なのですが、この時点で初期の風属性と、次の地方で岩属性に変更が可能です。

モンドでは風属性、璃月(リーユェ)では土属性といった感じです。

こちらは予想ですが、今後もマップが開放され、新しい地方の七天神像と共鳴するたびに主人公は新しい属性に変えられるようになると思います。

この点で、かなり優遇されている特別なキャラクターなので、主人公は出来るだけ使ってほしいという運営の意志を感じさせますね…!

土属性はスキルが超便利!

f:id:chabunica:20201002205224p:plain

風属性は範囲魔法で、複数の敵をまとめて攻撃するのに便利です。

そして土属性ですが、なんと足場を作ることができます。(上の画像です)

この足場に乗ることで、ちょっと小高い場所に登れたりできるようになります!

単純に敵に与えるダメージも高く、チャージも比較的早く、さらに敵の攻撃から身を守る防壁にもなります。

f:id:chabunica:20201002205252p:plain

元素爆発(必殺技)は、自身を中心に円形の範囲攻撃をし、さらに周りに岩の壁を作ります。こちらは足場にはなりませんが、防壁として使うことができます。

岩属性が優秀なので、今後の属性の強さにも期待ができますね!

凸素材が記念品ショップやクエスト報酬で手に入る

f:id:chabunica:20201002205500p:plain

主人公以外のキャラクターは、基本的にはガチャで同じキャラクターを引くことで、凸素材を入手できるのですが、主人公の凸素材は各地の記念品ショップやクエスト報酬で手に入れることができます。

「風の印」や「岩の印」をたくさん持っている方は、ぜひ記念品ショップでも買って、使ってあげましょう。お手軽に強化することができます。

凸素材は属性ごとに存在する。天賦レベルも属性別

これは少しつらいところなのですが、凸は属性ごとに行う必要があります。

なので凸素材は属性別に集めなければいけません。

f:id:chabunica:20201002210043p:plain

また、天賦レベルも属性別で設定されていますので、それぞれで素材を消費してしまいます(天賦レベル共通だったら嬉しかった…!)

属性を変更してもレベルは変わらない

属性ごとに天賦レベルは設定されていますが、キャラクターレベルは共通です。レベル50で風属性から土属性に変更しても、レベルは50で変わりません。こちらは嬉しい設計ですね!

限界突破素材がランクアップで手に入る

f:id:chabunica:20201002210012p:plain

上限突破素材も冒険者のランクアップで手に入ります。

なので、ボス討伐などを行わずとも、ランクアップをするだけで素材を集めることができます。(反対にいえば、ランクアップしないと、上限突破できないのですが…)

雑魚敵を倒して手に入れる素材もありますが…他のキャラクターに比べればランクアップしやすいかなと思います。プレイしていれば自然と素材が集まるので…

今後の成長に期待できる!

主人公については、他のキャラクターと異なり、今後変更できる属性のスキルによって、強くなる可能性を秘めたキャラクターです!

もしかすれば今後のストーリー次第では、さらに驚異的な強化をされる可能性もありますね!神に近い存在のようにも感じますので…

なので、現状は育てておいて損をしないキャラクターだと思います。

「星5キャラクターがたくさんいるから…」という方も、育ててみてはいかがでしょうか。

編集後記

璃月がずっと読めなかったのですが、やっと公式でフリガナを振っている文章を見つけました!りーゆぇなんですね~!

ストーリーで何度も「璃月」とボイスでも話しているのですが、リーユィ?リンユエ?リンリュエ…?みたいな感じで、聞き取れていませんでした…(音量低くしているせいでもある…)

これからは胸をはってリーユェ!ということができますね。

というわけで、今回はここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です